Q:借金を相続したくないときはどうすれば良いの?

A:相続放棄や限定承認という方法があります。

<借金も相続の対象になるので対処が必要です>
相続が起こった際、自分が法定相続人になっていたら、遺産を相続することになります。しかし、相続財産の中に借金が含まれている場合には、相続したくないと考えることが多いでしょう。 そもそも借金が相続されるのかという問題もありますが、法律上、借金も相続されることになっています。
そこで、もし被相続人に借金があってそのままにしていると、債権者から相続人に対して支払の請求が来てしまうことになります。
このような場合、借金を相続しないためには、相続放棄という手続をとる必要があります。

<相続放棄>
相続放棄とは、遺産を全く相続をしないことにする手続のことです。
相続放棄をすると、借金や負債などのマイナスの債務を相続しなくて済みますが、プラスの資産もまったく相続できなくなります。たとえば、遺産の中に実家の不動産などがあったとしても、それについても相続ができなくなるので、注意が必要です。

<相続放棄の手続き>
相続放棄をするためには、家庭裁判所において相続放棄の申述という手続をしなければなりません。
相続放棄の申述をするためには、家庭裁判所で相続放棄の申述書の用紙をもらって、それに必要事項を書き込み、戸籍謄本などの必要書類を添付して提出する必要があります。このとき、収入印紙800円分と数百円分の郵便切手が必要になります。
相続放棄の申述の手続をしたら、しばらくして家庭裁判所から相続放棄を許可する旨の通知書が届きます。これによって、相続放棄ができたことになるので、借金の支払いを免れることができます。

債権者から督促が来た場合には、裁判所から届いた相続放棄の許可通知を示せば、それ以上に請求されることはありません。
相続放棄の申述には、期間があるので注意が必要です。具体的には、自分のために相続があったことを知った時点から3ヶ月以内に申立をする必要があります。
この3ヶ月のことを熟慮期間と言います。熟慮期間を過ぎてしまったら、借金を相続したくない場合でも相続放棄ができなくなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

<限定承認>
相続放棄をすると、借金だけではなくプラスの財産も相続出来なくなりますが、相続が起こった時点ではプラスの財産か借金のどちらが多いかがわからないケースがあります。この場合、もしプラスの財産の方が多いのであれば相続をしたいということもあります。その場合には、限定承認という手続を利用する事ができます。
限定承認とは、相続財産の差引がプラスになっている場合に、そのプラス分のみを相続することができる手続のことです。ただ、相続放棄と比べて大変手間がかかり、時間もかかるので、あまり広くは利用されていません。
限定承認をする場合にも、家庭裁判所への申立が必要になります。