Q:生命保険で相続税が軽くなる?

A:生命保険の非課税枠を活用すれば相続税を節税することができます。

遺産を相続したら、相続税が課税されるケースがありますが、相続税の支払いはなるべくなら少なくしたいところです。
生命保険を利用して、相続税を節税する方法があります。

<生命保険金には相続税が課税される>
そもそも、生命保険が相続税の課税対象になるのかという問題があります。生命保険金は、民法上は遺産の範囲に含まれず、受取人の固有の財産になるからです。

しかし、税法上は生命保険金が相続財産に含まれます。

被相続人の死亡を原因として、相続人が死亡後3年間の間に受け取る財産については、みなし相続財産として相続税の課税対象になります。

よって、生命保険の死亡保険金もみなし相続財産として、相続税の課税対象になるのです。

<生命保険金の相続税控除制度>
生命保険金には、大きく相続税の控除が認められます。

具体的には500万円×法定相続人数分の受け取り分に対する相続税が非課税になります。

たとえば、死亡保険金が2000万円あったとして、相続人が3人いるケースであれば、500万円×3人=1500万円の受け取り分までは相続税がかかりません。

課税対象は500万円のみになります。

<生命保険を利用した相続税節税の具体例>
生命保険金の基礎控除制度を利用すると、相続税を節税できますが、わかりやすいように具体例を見てみましょう。

たとえば、相続財産が全体で1億円あるケースを考えてみます。相続人は子ども3人の合計3人であったとします。

この場合、基礎控除がありますので、3000万円+600万円×3人=4800万円分までの分には相続税が課税されません。

そして、相続財産に生命保険金がなければ、相続税は1億円-4800万円=5200万円

の遺産に対して課税されます。この場合、相続税の税率は30%となり、700万円控除するので、860万円の相続税がかかります。

これに対して、遺産に2000万円の生命保険金が含まれていたら、相続税は、基礎控除の4800万円だけでなく、生命保険金の控除分である(500万円×3人=)1500万円分も控除されます。

よって、相続税課税対象の金額は、1億円-4800万円-1500万円=3700万円となります。

この場合、相続税の税率は20%となり、200万円控除するので、具体的な相続税の金額は540万円となります。

生命保険を利用しない場合と比べて300万円以上も相続税が安くなっています。

このように、生命保険を活用するとしないとで、相続税の価格に数百万円もの開きが出てくることもあります。

たくさんの遺産があって、高額な相続税がかかる可能性があるケースでは、生命保険の相続税を、上手に利用して相続税を節税しましょう。