Q:生命保険の保険金って受け取って良いの?

A:被相続人が生命保険に加入していた場合、保険金は相続財産ではないので、権利のある人が保険金を受け取ることができることに問題はありません。誰がどのくらい受け取れるかについてはケースバイケースで異なります。

<生命保険の保険金は相続財産ではない理由>
相続が起こった場合、被相続人が生命保険に加入しているケースがあります。このとき、被相続人が死亡することによって生命保険金が支払われますが、その保険金を受け取っても良いのか判断に迷ってしまうことがあります。
通常、生命保険の契約をする場合には、保険金の受取人が指定されています。
そこで、被相続人が死亡した場合には、指定された保険金の受取人が死亡保険金を受け取ることになります。
この場合、死亡保険金を受け取る権利は指定された受取人の固有の権利となり、相続財産には含まれません。よって、受取人が死亡保険金を受け取ることについては全く問題がありません。

<保険金の受取人のパターン>
誰が保険金の受取人になるかについては、ケースごとに異なりますので、以下でご説明します。

①特定の受取人が指定されている場合 

配偶者など、特定の受取人が指定されていれば、その受取人が全額保険金を受け取ります。

②受取人が被相続人自身またはその相続人の場合 

保険金の受取人について、被相続人自身またはその相続人とされているケースがあります。この場合には、相続人がひとりであればその相続人が保険金を受け取りますが、相続人が複数いる場合には、それぞれの相続人が法定相続分に従って保険金の支払請求権を取得します。よって、それぞれの相続人が、自分の法定相続分に応じて保険金を受け取ることができます。

③受取人が指定されていない場合 

保険の契約において、特に受取人を指定していなかった場合には、死亡保険金の受取人は保険の約款によって決定されます。たとえば、配偶者に対して支払われるという内容の約款があれば、死亡保険金は配偶者に支払われますので、配偶者がこれを受け取ることができます。
約款によっても受取人が指定されていない場合には、保険金は相続人に対して支払われます。
相続人が複数いる場合には、やはりそれぞれの相続人が法定相続分に応じて保険金を受け取ることができます。