Q:相続税の申告、納付の期限はいつまでで、どうやって申告するの?

A:相続税の申告期限、納付期限は共に、相続開始から10ヶ月以内です。相続税申告書に記載をし、税務署に提出して申告を行います。

<相続税の申告期限と納付期限>
遺産相続をした場合、相続税の支払いが発生することがあります。この場合には、相続税の申告をしなければなりません。このとき、相続税申告の期限と、実際の相続税納付期限はいつまでになっているのかが問題になります。申告や納付が遅れると、高額な延滞税を課税されたり、税務署から督促がきたりしてしまいます。

まず、相続税の申告期限は、相続開始から10ヶ月以内です。相続が起こった場合、相続人どうしの遺産分割協議がスムーズに進まず、相続開始後10ヶ月以内に遺産分割協議が成立していないケースがありますが、この場合でも、相続開始後10ヶ月以内に相続税の申告はする必要があります。遺産分割協議が成立していない場合には、暫定的な内容であってもとりあえず申告をしておかないといけません。

次に、相続税の納付期限も、申告期限と同じく相続開始後10ヶ月以内です。このように、遺産分割協議が済んでおらず、誰がどの遺産を相続するかが決まっていなくても、とりあえず確定した相続税は納付しないといけないので、注意が必要です。このようなケースでは、通常は、法定相続分に従って相続税を納付します。

<申告・納付期限を守らなかった場合>
相続税の申告期限や納付期限を守らないと、延滞税や加算税が課税されます。これらの税率はケースにもよりますが、10%以上の高額になるのが普通です。
税務署から督促があっても相続税の申告や納付をしない場合、相続人の財産を差し押さえられて公売などの手続にかけられてしまうこともあります。

このように、相続税の申告・納付をしないで放置すると大変なことになってしまうので、くれぐれも延滞しないようにしましょう。

<相続税申告の方法>
次に、相続税申告の方法をご説明します。 相続税の申告の際には、相続税申告書に記載をします。
相続税申告書は第1表から第15表までありますが、すべてについて記載が必要なわけではなく、ケースに応じて必要なものだけを書けばOKです。相続税申告書の書式については、国税庁のホームページで詳細な説明がありますので、利用すると良いでしょう。
相続税申告書を提出する税務署は、被相続人の死亡した際の居住地の住所地を管轄する税務署です。申告をする相続人の住所地の管轄税務署ではないので、注意しましょう。

相続税申告書の記載方法がわからない場合や難しいと感じる場合には、税理士に相談したり依頼すると、相続税申告書を作成してもらえたり、申告手続を代行してもらうことができます。