Q:遺言がある場合とない場合で遺産の分け方は変わる?

A:遺言がある場合は、遺言に従い遺産を分けます。遺言がない場合は、法定相続人が法定相続分に従って相続します。

相続が起こったら、相続人が遺産を分けなければなりません。この場合、誰がどのくらい相続することができるのかが問題になります。

<遺言がある場合…遺言に従って遺産を分ける>
相続が起こった場合、まずは遺言があるかどうかを確認する必要があります。有効な遺言がある場合には、遺言の内容通りに遺産相続が行われるからです。この場合、遺言の内容によってはすべての遺産を1人の受遺者が相続する可能性もあります。

<遺言がない場合…法定相続人が法定相続分に従って相続する>
遺言がない場合には、法定相続人が法定相続分に従って遺産を相続します。
法定相続人とは、民法によって相続人と定められている人のことであり、法定相続分とは、それぞれの法定相続人の遺産相続分のことです。


法定相続人の順位と各法定相続人の法定相続分

<配偶者はどのようなケースでも相続人に!>
民法上の法定相続人としては、まず配偶者がいます。被相続人に配偶者がいる場合、どのようなケースでも配偶者は法定相続人となります。その他の相続人については順位があります。

<第一順位:子ども>
第一順位の相続人は被相続人の子どもです。子どもがすでに死亡している場合には、孫が相続人となります。このことを、代襲相続と言います。孫も既に死亡している場合には、ひ孫が相続することになります。

配偶者と子どもが相続する場合には、法定相続分は、配偶者が2分の1、子どもが2分の1になります。子どもが複数いる場合には、子どもの取り分を子どもの数で頭割り計算します。

<第二順位:親>
被相続人に子どもがいない場合には、第二順位の相続人である親が法定相続人となります。
親がすでに死亡している場合には、祖父母が相続人となります(代襲相続)。

配偶者と親が相続人になる場合には、法定相続分は配偶者が3分の2、親が3分の1になります。

<第三順位:兄弟姉妹>
被相続人に子どもも親もいない場合には、第三順位の相続人である兄弟姉妹が法定相続人となります。兄弟姉妹がすでに死亡している場合には、兄弟姉妹の子ども(甥や姪)が代襲相続します。ただし、甥や姪が死亡している場合、さらにその子どもが代襲相続することはありません。兄弟姉妹の代襲相続は、一代限りとなります。

配偶者と兄弟姉妹が相続する場合の法定相続分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1になります。兄弟姉妹が複数いる場合には、兄弟姉妹の取り分を兄弟姉妹の頭数で分割します。