Q:遺産分割協議書とはどんなもの?

A:遺産分割内容をまとめた書類で、相続財産を相続するために必要となります。

<遺産分割協議書とは>
遺産相続する場合、遺言がなければ法定相続人が話し合って遺産分割をしなければなりません。
この遺産分割の話し合いのことを、遺産分割協議といいます。遺産分割を行う場合には、すべての法定相続人が参加している必要があります。法定相続人が抜けている場合には、いくら話し合いをしても有効な遺産分割ができないので、注意が必要です。
遺産分割の話し合いをする前には、相続人が欠けていないかどうか、相続人調査を確実に行う必要があります。
相続人同士が話し合って遺産分割協議が整ったら、その内容を書面にまとめる必要があります。この場合の、遺産分割内容をまとめた書類のことを、遺産分割協議書と言います。

<遺産分割協議書に記載すべき内容>
遺産分割協議書には、遺産分割の方法を箇条書きなどで記載します。
たとえば「~の預金は〇〇が相続する」「~の不動産は△△が相続する」などの内容を、順番に書き入れていきます。

~注意点~
遺産分割協議書が有効になるためには、相続人全員の署名押印が必要です。このとき、1人でも抜け落ちていたら、遺産分割協議書は有効にならないので、注意しましょう。署名宇押印に利用する印鑑は、実印を使い、それぞれの相続人の印鑑登録証明書を添付しましょう。
また、遺産分割協議書には、日付の記載も必要です。ここには作成した日付(相続人らが署名押印した日付)を入れましょう。

遺産分割協議書が数枚にわたっている場合には、ページの狭間に契印も必要になります。契印も、相続人全員の分が必要で、契印に使う印鑑は、署名押印に使ったものと同じ印鑑である必要があります。署名押印には実印を使うことが望ましいので、その場合には契印にも実印による押印が必要になります。遺産分割協議書は、相続人の人数分作成して、各自が一通ずつ保有するのが良いでしょう。

<遺産分割協議書の利用方法>
遺産分割協議書の利用方法をご説明します。遺産分割協議書は、具体的に相続財産を相続する手続のために必要になります。

遺産分割協議書がないと、定められた相続人が預貯金の払い戻しをすることもできませんし、不動産の相続人が相続登記をすることもできません。
相続登記をする場合には、遺産分割協議で不動産を相続することに決まった相続人が法務局に行って、登記申請書を記入して遺産分割協議書を添付し、必要な登録免許税を支払えば登記ができます。司法書士に登記手続を依頼することもできますが、その場合にも遺産分割協議書が必要です。

また、遺産分割協議書ができあがっている場合には、後になって気が変わった相続人がいても、いったん決まった遺産分割協議の内容を覆すことができなくなります。
このように、遺産分割協議書は、遺産分割協議の内容を表す証拠となるとともに、遺産分割手続のためにも必要な重要な書類です。