Q:遺言書を作るべきタイミングは?

A:ご自身を取り巻く状況が変わった毎に、新しく作成されることをお勧めします。

遺言を残しておくと、自分の死後に相続人らの間で相続トラブルが起こることを避けることができるので、メリットが大きいです。

遺言書は、死を意識するような高齢者が作成するようなイメージもありますが、実際にはどのようなタイミングで作成するのが良いのでしょうか?

<遺言ができる年齢>
まずは、遺言ができる年齢を抑えておきましょう。法律上、15歳以上であれば遺言能力があるとされています。よって、15歳以上になっていれば、誰でも遺言書を作成することができます。

<遺言は何度でも書き直しができる>
遺言は、1度書いたとしても、何度でも書き直しができます。2つの内容が異なる遺言がある場合には、日付が新しい方の遺言書の内容が優先されます。よって、早く遺言を書いたからと言って、後で書き直しができなくなることはありません。

遺言をする場合、早ければ早いに越したことはないのです。

 タイミング1:結婚したとき 

遺言書を作成すべき第一のタイミングは、結婚したときです。結婚するまでは、遺産は親が相続することになりますが、結婚すると遺産は配偶者と親が相続することになります。この場合、遺言によって誰がどのくらい遺産相続するかを決めておかないと、配偶者と実家の親や兄弟姉妹との間でトラブルが起こる可能性があります。

また、自分の死後配偶者がどうやって生きていくかについてもきちんと考えておく必要があります。

 タイミング2:子どもができたとき 

子どもができた場合にも、遺言書を作成すべきです。

子どもができると、相続人が配偶者と子どもに変わります。今までは親に相続権がありましたが、親は相続権がなくなって子どもが第一順位の相続人になるのです。このように相続人の構成が変わるので、状況に応じた遺言書を作成しておく必要があります。

自分に万が一のことがあった場合のために、子どもの将来のことも考えておく必要があります。配偶者と子どもが困ることのないように、適切な内容の遺言を残しましょう。

 タイミング3:財産状況が変わったとき 

マイホームを購入したり、脱サラして事業をはじめたり、退職金が入ってきて定年になった場合など、大きく財産状況が変わる場合にも遺言書を作成しておくべきです。

遺言書は、財産の分け方について記載しておく書類なので、財産状況が変わってしまったら、それまでに書いておいた内容の意味が無くなってしまうこともあります。

そこで、財産状況が変わったタイミングで、状況に応じて遺言書を書き直す必要があります。

 タイミング4:配偶者が死亡したとき 

配偶者が死亡したタイミングでも、遺言書を作成する必要があります。配偶者は常に法定相続人となりますので、配偶者がいなくなると相続人の構成が大きく変わります。子どもがいれば子どもが相続人になりますが、子ども達が複数いると、誰がどの遺産をどのくらい相続するかということで、子ども達の間で熾烈な相続争いが発生することが多いです。

もともと仲が良かった子ども達(兄弟姉妹)が骨肉の争いの末、絶縁状態になってしまうこともよくあります。

よって、子ども達のうちで、誰がどの遺産を相続するかを遺言書でしっかり書き残して指定しておくことが重要になります。

子どもがいない夫婦の場合、配偶者が死亡したら、親が法定相続人となります。親や祖父母もいなければ、兄弟姉妹が法定相続人となります。

兄弟姉妹と付き合いがない場合などには、別のお世話になっている人に遺産を分けたい場合や、慈善事業に寄付をしたい場合などもあるでしょう。

このように法定相続人以外の人に遺産をあげたい場合にも、遺言を残しておく必要があります。

以上のように、遺言書を作成すべきタイミングは、人生に置いて何度か訪れます。ただし、遺言はいつでも作成出来ますので、基本的には早ければ早いに越したことはありません。思い立ったら吉日ですので、作成しようと思ったら、タイミングにはこだわらずに、思い切って作ってしまうことをおすすめします。